【セミナー 受講・お申込について】

  • 記載の受講料は、全て税込で、お一人様1セッション分の料金となります。
  • セミナーの申込み受付は、2016/07/31(日)までとなります。以降は、当日券を会場にてお買い求めください。
  • 各セッション、定員になり次第、受付終了となります。
  • 希望のセミナーをカートに入れてから数量の変更ができます。
  • お申込後のキャンセルは、原則、お受けできません。

セミナー一覧

種別
開催日
会場
資格・単位
フリーワード検索
タイトル・詳細内容・資格・単位を検索します。
123件見つかりました

SPORTEC基調講演
残席少

種別
講義

会場
A-1 (会場A)

開催日
2016/08/02(火)


時間
10:30 ~ 12:00

受講料
事前: 無料
当日: 無料

【内容】

 我が国では2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、ラグビーワールドカップ2019、関西ワールドマスターズゲームズ2021等の大規模国際競技大会を控え、スポーツへの機運が高まっています。 また、現在、超高齢社会の中にあります。年々増大する医療費を抑制するためにも国民の健康づくりは喫緊の課題ですが、その健康づくりは目的ではなく、人生を楽しむための手段です。スポーツを習慣化することによって、健康づくりは一層加速されます。 平成27年10月1日にスポーツ行政の司令塔である「スポーツ庁」が発足しました。スポーツ庁は、長官、次長、審議官を含め5課2参事官からなります。スポーツの普及、地域スポーツクラブの育成等を担う「健康スポーツ課」、選手強化の拠点整備と支援を担う「競技スポーツ課」、国際大会の招致等を担う「国際課」、オリンピック・パラリンピックムーブメント等を担う「オリンピック・パラリンピック課」、学校体育・スポーツ審議会等を担う「政策課」の5課と地域振興担当、民間スポーツ担当の2参事官で構成されております。スポーツ庁への期待は、2020年東京五輪に向け、開催準備、競技振興、運動施設整備などのスポーツ行政を一元的に担い、世界に通用するアスリートの養成などを通して日本の存在感を高め、国民に活力を与え、子どもから大人まで地域でスポーツに親しむ裾野を広げることにあります。スポーツ庁が発足したことによってスポーツ行政が一段と加速し、更なるスポーツの振興、スポーツによる健康づくり・健康増進が期待されます。
 今回、スポーツ庁関係者とスポーツ行政・スポーツ産業に造詣の深い有識者の方々をお招きしスポーツ庁が目指すべき姿やスポーツ庁への期待などを語っていただきます。

【講師】

【基調講演】「スポーツ庁のビジョン」

スポーツ庁長官 鈴木 大地 氏

【トークセッション】「スポーツによる地域振興」

コーディネータ: 
早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 間野 義之 氏

パネリスト: 
渋谷区長 長谷部 健 氏

スポーツ庁参事官(地域振興担当) 仙台 光仁 氏


受付は終了いたしました。
空席のセミナーは当日券販売をいたしますので、会場でお買い求めください。



第4回スポーツ振興賞 授賞式 【無料】
スポーツ振興賞受賞者による発表とディスカッション
空 席

種別
講義

会場
A-2 (会場A)

開催日
2016/08/02(火)


時間
13:00 ~ 14:30

受講料
事前: 無料
当日: 無料

【内容】

スポーツ振興賞はスポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献している団体・グループ・企業の活動を顕彰するものです。第4回スポーツ振興賞にご応募いただきました方々には厚く御礼申し上げます。6月30日に受賞者の発表を行いました。今回は東京ビッグサイトのSPORTEC2016の会場にて授賞式を行います。受賞者の方々に受賞事業の活動発表をしていただきます。また、受賞者の活動はスポーツ健康産業団体連合会のブースにおいてパネル展示でご紹介いたします。どうぞ当連合会のブース(東4ホール)にお立ち寄り下さい。

13:00~13:20 スポーツ振興賞授賞式
13:20~14:30 受賞者による発表とディスカッション

★スポーツ振興大賞

  作品名:
自転車を活用した地域活性化の取組
  受賞者:
NPO法人ツール・ド・おきなわ協会(沖縄県名護市)

 ★スポーツ振興賞

 スポーツ庁 長官賞
  作品名:
ようこそ、利賀のおもてなしへ ~TOGA天空トレイルラン~
  受賞者:
TOGA天空トレイル大会実行委員会(富山県南砺市利賀村)
 観光庁 長官賞
  作品名:
「マラソン」と「フェスティバル」の同時開催によるスポーツ振興と地域振興の両立
  受賞者:
(一社)東北風土マラソン&フェスティバル(宮城県登米市)
 経済産業省商務情報政策局長賞
  作品名:
第4回東尋坊愛のマラニック
  受賞者:
東尋坊愛のマラニック実行委員会(福井県坂井市)
 日本商工会議所 奨励賞
  作品名:
環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT」
  受賞者:
(株)モンベル(大阪府大阪市)
 日本スポーツツーリズム推進機構 会長賞
  作品名:
ひとづくり まちづくり スポーツを活かした地域振興 伊勢志摩・里海トライアスロン
  受賞者:
(一社)志摩スポーツコミッション(三重県志摩市阿児町)
 スポーツ健康産業団体連合会 会長賞
  作品名:
北海道バーバリアンズ「夢は想えば必ず叶う」
  受賞者:
NPO法人北海道バーバリアンズラグビーアンドスポーツクラブ(北海道札幌市)

受付は終了いたしました。
空席のセミナーは当日券販売をいたしますので、会場でお買い求めください。



FIAマネジメントセミナー
 フィットネスクラブの価値が正しく生活者に伝わるようにするための
 現状課題確認と今後のあるべき取り組みについての提案
空 席

種別
講義

会場
A-3 (会場A)

開催日
2016/08/02(火)


時間
15:45 ~ 17:45

受講料
事前: ¥4,000
当日: ¥5,000

【内容】

昨年度FIAでは、調査研究事業において『フィットネスクラブの価値が正しく生活者に正しく伝わるようにするための調査研究』の第二弾を実施しました。調査対象を“フィットネスクラブに在籍一年以上二年未満の現在もクラブを利用している人”に絞りアンケート調査を実施し、その継続要因を詳細に分析しました。このセミナーでは、この分析を主導したスポーツマーケティングの専門家を迎え、前回の調査テーマであった“クラブの退会及び無関心の要因”とも比較しながら、定量的なデータ、定性的なデータを読み込むことによって、顧客定着促進のための具体的な取り組み方を探ります。


【講師】

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 
松岡 宏高 氏

(株)クラブビジネスジャパン 代表取締役社長 
古屋 武範 氏

進行:(一社)日本フィットネス産業協会 事務局長 松村 剛 氏

受付は終了いたしました。
空席のセミナーは当日券販売をいたしますので、会場でお買い求めください。



日本アスレティックトレーニング学会・日本トレーニング指導学会
共催シンポジウム
空 席

種別
講義

会場
C-1 (会場C)

開催日
2016/08/02(火)


時間
10:00 ~ 16:15

受講料
事前: ¥5,000
当日: ¥5,000

【内容・講師】

■10:00~12:00 シンポジウムⅠ
「アスリートにおける戦略的リカバリー」


座長:
国際武道大学教授、日本アスレティックトレーニング学会代表理事、JATI参与 山本 利春 氏

シンポジスト:
「リカバリーを目的としたハイドロセラピーに関する科学的知見」
国際武道大学 笠原 政志 氏

「ラグビー競技における戦略的リカバリー」
慶応大学ラグビー部 太田 千尋 氏

「サッカー競技における戦略的リカバリー」
FC町田ゼルビア 大塚 慶輔 氏

■12:00~13:00 休憩・昼食

■13:00~14:30 シンポジウムⅡ
「競技特性に応じた傷害予防プログラム」


座長:
昭和大学准教授、日本アスレティックトレーニング学会代議員 加賀谷 善教 氏

シンポジスト
横浜スポーツ医科学センター 坂田 淳 氏(野球)
日本鋼管病院 大見 顕一 氏(バスケットボール)
帝京大学 佐保 泰明 氏(サッカー)

■14:45~16:15 シンポジウムⅢ
「競技特性に応じた体力強化トレーニング」


座長:
東海大学教授 JATI副理事長 有賀 誠司 氏

シンポジスト:
筑波大学 岡野 憲一 氏(バレーボール)
流通経済大学ラグビー部 猪俣 弘史 氏(ラグビー)
立命館大学アメリカンフットボール部 湯浅 康弘 氏(アメリカンフットボール)


※単位付与:JATI継続単位 他 関連資格単位付与予定

【主催】

日本アスレティックトレーニング学会
日本トレーニング指導学会
スポルテック2016実行委員会


【資格・単位】

健康運動指導士・健康運動実践指導者:講義2.0



受付は終了いたしました。
空席のセミナーは当日券販売をいたしますので、会場でお買い求めください。



センシングデバイスとAIを基盤とした産官学連携を活用したビジネス創出の方向性
〜課題先進国日本から世界市場を牽引するサービスを生み出す〜
空 席

種別
講義

会場
E-1 (会場E)

開催日
2016/08/02(火)


時間
11:00 ~ 12:30

受講料
事前: ¥4,000
当日: ¥5,000

【内容】

様々なセンサーにより運動量・心拍・脈波・脳波・音声・その他を測定し、そのデータからホルモンバランス・自律神経の状態・感情の起伏・集中の度合い・コミュニケーションの状態などが可視化され、そこから課題を設定し、課題解決の介入を実施できるようになりました。生体情報などの活用領域は、スポーツやヘルスケアに限らず、教育、育児、人事、運輸、金融に至るまで様々な可能性があります。このセッションでは、様々な領域の課題解決を実現するために必要な事業連携やビジネスの座組について、事例をご紹介しつつ検討します。

【講師】

(株)ホオバル 取締役 新城 健一 氏

受付は終了いたしました。
空席のセミナーは当日券販売をいたしますので、会場でお買い求めください。